規格袋


よく言われる「雲竜」「雲流」の違い。「雲竜紙」は福井県あたりから出てきた「越前和紙」、「雲流紙」は徳島県あたりから出てきた「阿波和紙」。歴史は「雲竜紙」のほうが古いようで障子紙の世界で普及しているのは「雲竜紙」。阿波徳島のアワファクトリーは印刷しやすい和紙として「雲流紙」を宣伝している。規格袋の世界は自由に「雲竜」「雲流」を使っている。一般的には「規格袋雲竜」が多い。福助工業・明和産商は「規格袋雲流」これは四国だからか。






株式会社エム エイ ティ 会社情報

ニュース・更新情報