生分解ストロー

グリーンプラ ストロー

欧米だけでなく、世界のあちらこちらで、プラスチックに攻撃を仕掛けてきた。

何十年も前は、ガラスに代わる、金属に代わる、布に代わる、樽に代わる、驚異の技術開発で人類の幸せと長寿を支えてきた樹脂。エネルギー原料として急増した石油が、素材原料として発達していくと、石油の枯渇が騒がれ始めた。次の時代は、温暖化の恐怖をテーマに石油使用量低下の攻撃。最後が今起きているプラスチックは全部悪い論。途中共存の世界観ロハス運動もある。1974年の人口40億突破より、1年1億とは言いすぎだが、2030年くらいは100億人か。人口増加に貢献したが、それが災いとなる。この先も何が生き残るか目まぐるしく変わる。生分解はごみを埋め立てる環境で出てきた技術。日本は焼却対応が強く、遅れていた。

バイオエタノールが一部それなりの位置を持っているように、生分解プラスチック特にPLA仕様は伸びる範囲を持っている。日本政府も何らかの応援をしていくようだし、コストギャップも小さくなる可能性がある。

生分解樹脂もマイクロプラスチックが出るとたたかれているが、グリーンプラはほぼ100%に近くPLA構成で、マイクロプラスチックは出ない。まずはストローから。

ネットの中に、うちは生分解ストローを使っていますよ、というメッセージがない。


株式会社エム エイ ティ 会社情報

ニュース・更新情報