乾燥剤

乾燥剤は古くから使われている。石灰乾燥剤・シリカゲル・シート状乾燥剤などがある。

価格が安い物なので有る規格を利用するのが一般的。

手前どもは食品が中心で物を考えますが、今はやりの電子部品とか輸出商品の数々には食品と違う規格があります。

石灰乾燥剤

 石灰(酸化カルシウム)を主原料にした協力乾燥剤。包材には特殊耐水紙を使用。すばやく湿気を吸収します。外気湿度の高低に関係なく既定の吸着力を発揮します。

シリカゲル

シリカゲルは純度の高い二酸化ケイ素からなります。二酸化ケイ素は化学的に安定で毒性はありません。体内で消化吸収されないので、間違って食べても中毒を起こす心配はありません。食品や医薬品の乾燥保管などに幅広く使用されています。

シート状乾燥剤

吸湿性のある基材を両面からフィルムでラミネートしたシート状の防湿乾燥剤です。

粘土系乾燥剤

粘度(クレイ)を使用し物理的に水蒸気を吸着する。

水分を化学的に吸着します


水分を物理的に吸着します



粘土系乾燥剤