サナマックス

「サナマックス」の成分は厚生労働省認可の食品添加物 殺菌剤である次亜塩素酸ナトリウム(次亜塩素酸ソーダ)と希塩酸で、これらを製法特許の製造法で作られた生成水です 安全性は公的機関でクリアーしています

 効果としてポツリヌス菌や黒コウジカビ菌のような強い菌からノロウィルス菌(検査はネコカリシウィルスで代替試験)・O-157・サルモネラ菌・黄色ブドウ球菌までほとんどの菌に有効です

 間違って飲んでも胃腸に届くまでに有機物と反応して水に戻るため、人体に害は与えません※ただし飲料水ではないので飲まないでください

 生ごみの腐敗菌の悪臭に効果があるように消臭効果は相当な力があります

 6か月くらいで15%くらい効果が落ちます、効力はまだまだありますができるだけ早めに使い切られることをお勧めします

 欠点は、瞬間的に効果は発揮します 持続性はありません

 手荒れは水と同じくらいかと思います

 排水時にパイプなどに付着している有機物に反応し分解して水となり浄化槽のバクテリアに影響を与えることはありません

サナマックス発売元アンゲネームより現状の流れに対する見解が出されました。

全文を載せます。2020.6.4.

今回、NITEより発表された新型コロナウィルスへの有効性評価試験についての
弊社見解書面を作成いたしましたのでお送りさせていただきます。
 「次亜塩素酸水=新型コロナには効かない」というNITEの発表では無く
あくまで「次亜塩素酸水としては全体として判断ができなかった」と言うことが
今回の中間報告の発表であるということを記載致しました。
また、貴社及び貴社販売店様にご迷惑をお掛けしないよう、
薬機法違反になる恐れがある文章を避けて作成したため、
歯切れの悪い 少々苦しい文面となってしまいましたこと、
ご了承ください。
 今回の試験結果ですが、実際にはNITE発表資料中の国立感染症研究所の結果では、
99.99
%減少したとの報告があります。
したがって次亜塩素酸水自体は有効に活用が可能であると考えています。
こちらの試験は、弊社サナマックスと同等の塩素濃度約50ppmで行われた物です。
 但し、北里大学での検証試験結果では有効性が認められなかった、と
全く正反対の評価となっています。こちらの試験は 国立感染症研究所の試験より
対象物(ウイルス)に対して半分近く少ない量の次亜塩素酸水で試験しており
当然効果が出ないものと思われます。
既に、新型コロナウイルスを使った同様の試験が、5月の中旬に帯広畜産大学で
行われており、そこの試験結果でも少ない量の次亜塩素酸水では一分後に
99
%しか減少しなかったが、倍の量の次亜塩素酸水では一分後に99.9%以上(検出限界)まで
 減少し効果有りとの報告が出ております。
結論から言うと、次亜塩素酸水に限らずどの消毒剤であれ、使用量の違いによりは試験結果は変わってきます。
今回の試験は、まだまだ途上と考えます。
 今回NITEによる「空間噴霧の効果・安全性について」は、
市場に出でている空間除菌製品(TVCMされている製品)や「次亜塩素酸」を放出する
大手家電メーカーの製品まで全てを含めた話と捉えられており、各方面で物議を醸しております。
 空間噴霧に関する有用性に関しては、今後様々な見識の元、実証試験や統一基準による試験方法などが
確立されるかもしれません。
サナマックス自体は第三者機関での安全性、空間噴霧の効果試験を
おこなっております。
 取り急ぎ現段階での見解となります。
以上、何卒よろしくお願い致します。

株式会社エム エイ ティ 会社情報

ニュース・更新情報