かぼちゃの日焼け

 かぼちゃの知識は歴史が古いだけたくさんある。調べりゃわかるので、お任せします。

 親しい人が鹿児島で手広くかぼちゃの生産をしている。あんまり売れると、切らすことができなくて、ニュージーランドから輸入して迄間に合わせる話を聞きました。

 ところで、カボチャの日焼けは生産者にとって重要な問題。かぼちゃは種をまいてから45~50日で収穫して、追熟させて出荷するのが普通です。本当は60日くらいまで、畑でぎりぎりまで熟したものを収穫したほうがおいしいようですが、不思議なことがあるのです。

 梅雨明け直後から収穫は始まっていますが、太陽がかぼちゃを直撃すると日焼けします。日焼けのところから身が悪くなっていくので、工夫が必要です。お金がかからない方法は、新聞紙をくるんで、飛ばないように、端を身の下にする。古いストッキングを集めてぶら下げてもよい。数も多いので、安い紙の粘着テープを貼っていくのが主流でしょう、ニチバンやこの度菊水テープでも販売を始めた。

 さきほど不思議なことといったのは、完熟かぼちゃは歩留まりが悪くなる。これは生産者にとってはたまらなくつらいこと。小売業にとっては棚に並べてからの日持ちが短くなる。売れないと気が気でない。消費者は完熟されたかぼちゃは硬いので、包丁で切るのは大変だ。ただ美味しいだけ?ふしぎでないですか?

 収穫したかぼちゃを洗って切り口に抗菌剤をちょっとつけて乾かす。ワサパールの液体がよいのでは。

株式会社エム エイ ティ 会社情報

ニュース・更新情報