シュリンクフィルム

 シュリンク包装は多業界での使用で、素材も、包装機も広がっている。化粧品・薬品はもとより建設資材でもシュリンク包装を目にすることが多い。かにの船上包装(シュリンク)、牛肉のブロック包装、カップヌードルのシュリンク包装、白菜の4つ割り、ながものやさいのシュリンクパック、缶・ビンもののハーフトレイシュリンクなどなど。ストレッチフィルム包装、スキンパック包装、ブリスター包装、真空パック包装などなどの包装スタイルを変遷しながら発展しています。シュリンク包装機のトップメーカーのホームページに上がるシュリンクフィルム一覧をご紹介します。

食肉のシュリンク包装(だけに限りませんが)に使われるフィルムは単体でないことが多い。

ダイアミロン

バリアバッグ

株式会社エム エイ ティ 売り上げTOP5
株式会社エム エイ ティ 会社情報

ニュース・更新情報